練馬区の口腔外科ならY’s歯科へ!親知らずは早めに対策!顎関節症との関係は?歯医者へ相談を

歯医者への相談として「親知らずが生えてきたけれど抜歯をした方がいいのか」という不安を抱える患者様は少なくありません。特に、親知らずが正常な向きで生えず、痛みや腫れがあるときは気になってしまいます。ここでは親知らずに関する知識や、親知らずと顎関節症の関係についても解説しますので、悩んでいる方はぜひ参考になさってください。

親知らずを抜歯した方がいいケース、顎関節症を引き起こす仕組みについてもご紹介しています。練馬区で親知らずについて相談できる口腔外科をお探しであれば、Y’s歯科をご利用ください。当院は口腔外科に対応しており、親知らずはもちろん顎関節症も診療できます。土曜日も診療を受け付けているため、平日は忙しいという方もぜひ一度ご来院ください。

練馬区の口腔外科はY’s歯科!親知らずは早めに対策するのがベスト

歯科医に歯を診てもらう女性

親知らずは17歳頃~20代前半に生える歯のことで、第三大臼歯や智歯とも呼ばれます。基本的に親知らずは4本埋まっていますが、現代人の顎が小さいなどの理由ですべて生え揃わないことも多いです。

また、歯茎の場所が足りないため、親知らずが正常に生えてこないケースもあります。その場合は親知らず自体や周りの歯を傷つける可能性があるので、抜歯をすることも考えましょう。「歯が正常に生えている」、「特にトラブルがない」というときは、無理に抜く必要はありません。

しかし、親知らずの周りが歯周病・むし歯になってしまったり、歯茎が痛んだりする場合は、口腔外科で親知らずを抜いた方がいいといわれています。

練馬区にあるY’s歯科は口腔外科を扱っており、親知らずの抜歯も受け付けています。練馬区で親知らずのトラブルに悩んでいる方は、ぜひY’s歯科でご相談ください。

親知らずと顎関節症の関係は?気になったら口腔外科のある歯医者へ相談しよう

顎関節症に悩む女性

口が大きく開けられなかったり、顎を動かすたびにカクカクと鳴ったりする人は、顎関節症の可能性があります。顎関節症は親知らずが影響している場合もあるので、以下でご紹介する点をチェックしてみましょう。

練馬区のY’s歯科は口腔外科も扱っているため、顎関節症の治療へ対応しています。練馬区で顎関節症にお悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。

親知らずが顎へ負担を与えている

親知らずが周りの歯を押すように生えると、歯並びや噛み合わせを歪めてしまいます。片側だけで噛むようになれば顎へ負担がかかり、顎関節症を引き起こす原因となるのです。

ただし、口腔外科で親知らずを抜歯しても、すぐに顎関節症が治るとは限りません。歯ぎしりや悪い姿勢、寝相などの生活習慣が関わっていることもあるため、様々な原因を探ることが必要です。本当に親知らずを抜くべきなのか、歯医者と相談しながら慎重に検討しましょう。

抜歯後に炎症が悪化する

親知らずを抜歯すると起こる炎症は1週間ほどで治まりますが、状態が悪化した場合は顎関節症を発症することもあるので注意が必要です。抜歯直後は歯磨きやうがいなどで傷を刺激しないよう心がけ、安静にしましょう。1週間程度であれば歯磨きをしなくても問題ないので、強くうがいをするのも控えた方が無難です。

また、歯ぐきに刺激を与える辛い食べ物や固い食べ物も避け、口内に負担をかけないような柔らかい食事を選んでください。特にアルコール飲料は出血を促してしまうため、なるべく避けておくのがベストです。もし親知らずの抜歯後に2週間以上痛みや腫れが続いた場合は、早めに口腔外科へ相談しましょう。

親知らずは顎関節症を引き起こすことも!練馬区の口腔外科に相談するならY’s歯科へ

親知らずは顎関節症を引き起こすケースもあるので、気になったら一度口腔外科へ相談しましょう。親知らずが顎へ悪影響を与えていないか、周りの歯や歯ぐきに影響を与えていないか、チェックしてもらうことが可能です。

東京の練馬区で歯医者を探している方は、Y’s歯科をご利用ください。Y’s歯科は口腔外科を扱っており、親知らずの抜歯や顎関節症の治療へ対応できます。平日も夜遅くまで診療を受け付けているため、親知らずのトラブルで悩んでいる方は、ぜひお問い合わせください。

練馬区の口腔外科に親知らずや顎関節症の相談をするならY’s歯科へ

院名 Y’s歯科
住所 〒176-0002 東京都練馬区桜台1丁目6−2 FARE桜台1F
TEL 03-4560-9195
診療時間 10:00~13:00 14:30~19:30(土曜は17:30迄)
休診日 日曜・祝日
URL https://www.ysdentcl.com/