柳田 泰志
院長柳田 泰志
経歴

福岡県立九州歯科大学卒業

公立大学法人九州歯科大学大学院にて博士号(口腔外科)を取得

国立大学法人佐賀大学医学部付属病院麻酔科蘇生科、九州歯科大学附属病院口腔外科にて経験を積む

都内歯科医院にて勤務

歯科臨床研修指導医として指導にも携わる。

所属学会・グループ

九州歯科大学顎顔面外科学分野

特別研修員

九州歯科大学インプラント科

特別研修員

日本口腔外科学会

日本口腔インプラント学会

日本ACLS協会(救命処置)

スタディグループ練小屋

継続した研鑽による知識と技術を患者さんと
シェアし、練馬区民の健康に貢献する。

私が歯科医師を志したときからずっと続くこのコンセプトをY’s歯科という形で実現しました。

歯科医師として、適切な検査・診断のもと、患者さんそれぞれに合った治療を提案し、治療を受ける不安な気持ちに寄り添い、なるべく痛みのない治療を行う。これはプロフェッショナルとして当然のことと考えています。
そのため、大学病院・都内勤務医時代をとおして、研究・診療・教育にたずさわりながら各種講習会を積極的に受講し、技術を身に付けてきました。これは病気を患いY’s歯科にきてくださった患者さんを守るため必要なことで、これからも続けていくものです。しかし、「不安を和らげ、痛みのない治療」の究極は「不安・痛み出る状況にしない」ことです。この状況を作るのに必要なのはスタッフだけに頼らず、あなた自身が自分や家族のために治療に積極的にかかわる姿勢です。

近年、予防の意識が浸透し、痛みがない場合でも歯科医院に通っている患者さんが増えてきました。しかし、その中には「定期的に歯科に通ってさえいれば大丈夫」という意識のままの方がいるのも事実です。よく考えてみてください。3-4か月1度の来院つまり年3日は、プロフェッショナルなサポートがありますのでそれでいいでしょう。しかし、残りの362日はどうでしょうか。その方の置かれている環境や食生活、歯ブラシの技術レベルのより予防効果にかなりの差がでてしまいます。これでは十分とはいえません。効果的な予防のためにはあなたも積極的に参加し、知識・技術を高めていくことが不可欠です。

健康な生活を望む方には365日すべてで高い医療・予防を提供したい。この思いを形にしたのがY’s歯科です。

●「こどもが小さいから歯医者にいけない」
Y’s歯科ならベビーカーのまま診療室まではいれます。職員の目のとどくキッズスペースで遊ばせることもできます。歯科が初めてのお子さんにはそれぞれに合ったスピードで歯科医療・予防活動に慣れてもらいます。小さなうちから歯科医院が身近にあることは、お子さんの口の中を守るのに適した環境といえるでしょう。
●「介護を必要とし、通院は難しい」
Y’s歯科には車いすで通えます。ひとりでの通院が難しい場合はこちらからご家庭にお伺いすることもできます。口腔内の健康とその方にかかる医療費には関係があることが分かっています。定期健診を受診されるかどうかで生涯にかかる医療費は90万円違ってくるというデータもあります。
●「しっかり予防していきたい」
年に何回かの定期的な通院では本当の予防にはならないことに気づいている患者さんには、ご家庭でも毎日使用できる簡単な方法をY’s歯科はご提案します。
●「歯医者に行かなければと思い、はや数年。問題がたくさんありすぎて、行きにくい」
Y’s歯科は全室個室です。聞かれたくない悩みもを人の目を気にせずに話せる環境を用意しております。問題をひとつひとつ解決していきます。

今すぐにでも取り除きたい痛み・悩みの解決はもちろん、健康の価値はわかっているが、どう守っていけばいいのかわからない。自分だけでなく家族と一緒に健康になりたい。
そんな気持ちにもY’s歯科は寄り添い、日々新しくなる知識・技術・設備をもって、 あなたにとってのより良い方法を提案することができます。

Y’s歯科はバリアフリーを採用しています。身体的な不利益も、 ココロの垣根もここはありません。
まずは、 お話を聞きにいらっしゃいませんか。
あなたの健康の価値を再発見し、 その守り方を私たちと共有しましょう。

スタッフ紹介